義歯

インプラントにはデメリットも有る?

永久歯を失ってしまうと、その後は二度と歯が生えてくることはありません。
抜けてしまった歯をそのままにしておくと、全体の噛み合わせのバランスがくずれてしまいます。
この場合の方法としては、ブリッジ、部分入れ歯、インプラントといったいくつかの方法があります。

ブリッジと部分入れ歯の場合は、抜けた歯の両サイドの歯があることが条件なので、もしも既に抜けてしまったり虫歯になっている場合には、不向きです。
両サイドの歯があっても、健康な歯に負担をかけてしまうのであまり良い方法とは言えません。

そこで注目されるのが、他の歯に負担をかけることなく自分の歯のように使えるインプラントです。
歯が抜けてしまっても顎の骨に問題がなければ、骨にチタン製の人工歯根を埋め込むことで歯の根を作ることができます。
その上にセラミックで作った白い歯をかぶせるので、見た目はほとんどわからないほど自然に仕上がります。
噛み心地も入れ歯やブリッジと比べると違和感なく噛むことができますし、顎の骨さえしっかりしていれば何本でもインプラントにすることは可能です。

一見とても便利で良さそうに思えますが、インプラントにもデメリットになってしまう部分はあります。
まず保険が適用されないので、治療費はかなり高くなってしまいます。
経済的な余裕がないとインプラントはできません。

虫歯や歯周病を長い間放置しておくと、どんどん進行して悪化してしまい、やがて顎の骨まで影響が出てしまいます。
インプラントは顎の骨が丈夫であるということが前提なので、その人の骨の状態によっては不可能な場合もあります。
インプラントは手術になるので、治療にも時間がかかりますし、全て完了するまでにも長い時間が必要です。
一旦成功しても、見えない部分で感染を起こすリスクも高いので油断できません。

全国にはたくさんの歯科医院がありますが、ある程度設備が整っていて歯科医の技術も必要になるので、すべての歯科医院がインプラント治療をしているというわけではありません。
このようにデメリットになってしまう部分もあるので、事前によく話し合って決めることが大切です。