義歯

保険適用のインプラントとは

今まではインプラントは保険が適用されないので、自費治療が当たり前となっていました。
一度失ってしまった永久歯は、二度と生えてくることはありません。
しかしインプラントという画期的な治療法で、再び自分の歯を取り戻したかのように使えることもあって、高い費用を払ってもインプラント治療を希望する人が多いのも事実です。

ところが平成24年の4月から、少しインプラントに対する制度が変わっています。
事故や病気という限られた条件ではありますが、特別な事情で顎の骨を失ってしまった場合は、インプラント義歯にも保険が適用されることになりました。
しかしこれには条件があるので、誰でも保険でインプラント治療ができるというものではありません。

保険が適用される条件は次の通りです。
病気(腫瘍または顎骨骨髄炎など)や、交通事故などで顎の骨の3分の1以上を失ってしまった場合。
生まれつき顎の骨が3分の1以上ない場合や、形成不全の場合となっています。
かなり特殊な条件ではありますが、困っている人にとって高いからと諦めていたインプラント治療に保険が適用されるのは素晴らしいことですね。

インプラントに保険が適用されるのは、歯科医が条件に当てはまっていると認めた場合のみです。
歯周病や虫歯などが原因になっている場合は、仮に顎の骨が3分の1以上失われていても、健康保険は適用されません。
インプラント治療をしている歯科医院は限られます。
インプラントに保険が適用される条件を満たしていても、かかりつけの歯科医院でインプラント治療の条件を満たしていなければ治療を受けることはできません。

保険適用のインプラント治療ができるのは、入院用のベッドが20個以上ある歯科医院か口腔外科で、5年以上の治療経験が有ること。
さらにインプラント義歯の治療経験が3年以上有ることも条件となっています。
この条件を満たしていて、国が定めた管理体制が整っているというのも治療が行える歯科医院の条件になります。

歯科医師会などに問い合わせれば、近くの治療可能な歯科医院を教えてもらえます。