義歯

インプラントの治療期間

インプラントは失った歯を取り戻したかのように、快適に噛めるとして今注目されている治療法です。
しかし口の中の状態には個人差もありますし、歯を失った理由や原因も人それぞれです。

インプラント治療には条件もあるので、事前の検査は念入りに行います。
通常はレントゲンを撮り顎の骨や歯の状態を確認しますが、設備が整った歯科医院ではCTスキャンを使って検査をすることもあります。
事前の検査で骨の状態がインプラントに適さないと判断されたら、インプラント手術はできません。
条件が整い治療に適している場合は、治療をスタートできます。

実はインプラントの方法にも種類があって、その人の顎の骨の状態に合わせて適している方法が選ばれます。
条件によっても変わりますが、一般的には半年~1年ほどかかると思っておくと間違いないでしょう。
人によって本数が多くなれば、それ以上かかることもあります。

インプラントをする場合には、歯茎を切開して顎の骨に人工歯根を埋め込むという大掛かりな作業が必要です。
このため1回の治療時間も、普通の虫歯の治療よりも長い時間がかかります。
1回で全て終わらせることも可能ですが、顎の骨の状態によっては2回に分けて行う方法を選ぶこともあります。
通常は2回に分けて行う方法を選ぶことが多くなっているようです。

最初の手術で、顎の骨に人工歯根を埋め込みます。
骨と人工歯根がしっかりと結合するまでに、3ヶ月~6ヶ月はかかるのでその間ゆっくりと待ちます。
数ヶ月経過して骨とインプラントが結合していると確認できたら、次は人工歯根の上に連結のパーツを取り付けセラミック製の人工歯をかぶせていきます。
この時歯の型をとって噛み合わせ等も確認しながら、作ることになるので完成までには1週間ほどかかります。
一応治療はこれで終わりますが、その後のアフターケアやメンテナンスも必要なので、そのことも考えておく必要があります。

一般的にはhttp://www.pic4.us/kikan.htmlにもかいてありますが、1本のインプラントでも全て治療が完了するまでには6ヶ月~1年かかると思っておくといいでしょう。