義歯

インプラントの治療方法

インプラント治療というのは、やむを得ない事情で歯を抜いた場合や、歯周病などで歯が抜けてしまった場合にチタン製の人工歯根を顎の骨に埋込み、
その上にセラミック製の歯をかぶせる方法です。
すべての歯科医院でインプラント治療を行っている訳ではないので、希望する治療を行っている歯科医院を探すことも大切です。
インプラント治療が行えるクリニックの選び方や評判の良い所がいくつか紹介されているサイトがあります。
是非、参考にしてみてください。

一般的にはhttp://www.twintiersonline.com/8.htmlでも紹介されているように、
1回で全て終わらせる「1回法」という方法と、2回に分けて行う「2回法」の2つに分かれています。
これはその人の顎の骨の状態によって、どちらが適しているかを判断して決めていきます。
インプラントは手術になるので、人工歯根を埋め込む場合は麻酔をして歯茎を切開しなければいけません。
麻酔を使うので治療中の痛みは感じませんが、顎の骨にも個人差があるので高さや厚み足りない場合は1回で全て終わらせるにはリスクが高すぎるため、
2回に分けて行うことになります。

1回法の場合は切開するのも1回で済みますが、感染のリスクも高くなるので慎重に決める必要があります。
2回法の場合は最初に麻酔と歯茎の切開をし、人工歯根を埋め込むまでは同じですが全て終わらせずに、骨と人工歯根がしっかりと結合するまで一旦時間をあけます。
これはどの部位にインプラントを行うかにもよりますが、数ヶ月間待って2回目の手術を行います。

2回手術をするのでちょっと大変ですが、時間をおくことでしっかり結合するので感染のリスクもほとんどありません。
どちらが適しているかは、その人の状態も関係してきます。
急ぎたいからといって無理に進めてしまうと、感染のリスクも高まり結局ダメにしてしまうこともあるので焦りは禁物です。

インプラントは治療が完了したらそこで終わりではありません。
術後のケアやメンテナンスも必要になりますので、患者側も十分な理解が必要になります。
インプラントは自分の歯と変わらず使えるのが魅力ですが、やはり人工的に作るものなのでメンテナンスやケアの必要性はしっかりと理解しておくことが大切です。
このインプラント治療にかかる費用相場がこちらに載っていますので参考価格として覚えておくと良いでしょう。