義歯

インプラントの治療トラブルとは

一度失うと二度と生えてこない永久歯も、インプラント治療をすることでまるで自分の歯のように使うことができます。
健康保険適用外の治療なので高い費用はかかりますが、入れ歯やブリッジのような使いにくさや煩わしさがないので、お金を払ってでも
インプラント治療を希望する人も沢山います。

しかし口の中の状態や顎の骨の状態は、個人差があります。
インプラント治療にはある程度の条件もあるので、患者側がいくら強く治療を希望しても条件が揃っていない場合はインプラント治療ができないケースもあります。
事前の検査では条件が揃っているので、適していると判断しても治療中に想定外のトラブルに見舞われることもあります。
一見とても便利で画期的な治療法と思われがちですが、失敗をするケースもあるのでインプラントをするときにはしっかりと検討することも大切です。

インプラント治療のトラブルにもいくつかの種類がありますが、一番多いのが感染です。
手術自体は成功した用に思われても、ある日突然歯の奥が痛み出したら感染している可能性が高くなります。
手術後には念のため抗生物質を処方されますので、医師の指示に従って正しく服用することも大切です。
痛みがないからといってこれを怠ると、感染を引き起こす原因になるので自己判断は危険です。

糖尿病を患っている人は、感染のリスクが高いのでインプラント治療には向いていません。
自分で気づかない場合は仕方ありませんが、自覚している場合それを隠してインプラントをすると感染してしまい手術が台無しになってしまうこともあるので、
きちんと伝えることも大切です。

インプラントを検討する場合には、レントゲンなどで顎の骨の状態を確認しますが、レントゲンではわからない骨のもろい部分もあります。
インプラントは骨が丈夫であることも大切な条件なので、これを見落としてしまうと後になって歯がグラグラしてしまうようになるので、
経験豊富で実績のある歯科医院を探すことも大切です。