義歯

インプラントの材質

実はインプラントという方法はかなり昔から行われていた治療法なので、昔は動物の歯や硬い宝石などで代用していたことが確認されています。
現在は歯科分野の技術も進んでいますので、チタン製のものが主流となっています。
チタンはみなさんもよくご存知のとおり、強度もあって人の骨とも結合しやすいという特徴を持っているので、インプラントには適しています。

チタンを使ったインプラントにもいくつかの種類があります。
純チタン、チタン合金、チタン・ニッケル合金の3種類に分かれています。
それぞれに特徴があり、骨の状態に合わせて適した材質を選びます。
最近では人口サファイヤと呼ばれるものを、インプラントの材質に使うこともあります。
現在日本で行われているインプラント治療に使われているのは、チタン製が主流ですがもう一つ、ハイドロキシアパタイト製のインプラントもあります。

芸能人は歯が命というちょっと古いCMがありましたね。
あれは歯磨き粉のCMでしたが、歯を丈夫にするアパタイトを配合している歯磨き粉でした。
アパタイトは骨を作る成分のひとつなので、インプラントの材質にも適していると言われています。
元々骨に含まれている成分なので、インプラントの要になる人口歯根には最適の材質だと言えますね。

インプラントを埋め込むには、顎の骨の状態も大きく関係してきます。
顎の骨の強度が十分出ない場合には、インプラントには適さないと判断することもありますが、他に治療法がない場合には骨を移植する方法もあります。
しかし移植した骨は強度が出るまでには時間がかかるので、チタン製のインプラントでは相性が悪くなってしまいます。
こういうケースに適しているのも、ハイドロキシアパタイト製インプラントのメリットと言えます。

歯科医院によっては扱うインプラントの種類や、材質にも違いがあります。
中には希望通りにいかない場合もありますので、自分に適している治療法が可能な歯科医院を探すことも考えておくといいでしょう。